シズカゲル

シズカゲルは肝斑(かんぱん)に効果なし?頬のシミは消えるの?

シズカゲルは、エステシャンと皮膚科医監修で医薬部外品の認定をうけた薬用美白オールインワンジェルです。

シミだけでなく、「シワ」「たるみ」「乾燥」「毛穴の開き」あらゆる肌のお悩みに答えてくれるオールインワンのシズカゲル。

今回は、シズカゲルが肝斑(かんぱん)に効果があるのか?という点についてご紹介していきます。

シズカゲルは肝斑(かんぱん)の有効成分は入ってる?

シミと同様に、お肌の大きな悩みの種となる「肝斑(かんぱん)」。

肝斑(かんぱん)とシミの見分け方・原因が違う?

通常のシミは紫外線の影響により、お顔の様々な部分に起こることに対し、肝斑(かんぱん)は頬や目の下周辺にシミが左右対称にでてくるのが特徴です。

また、肝斑(かんぱん)は、ストレスやホルモンバランスの影響が主な原因といわれています。40代からは女性ホルモンが低下するために、出来やすいともいわれています。

こんな人は肝斑(かんぱん)のシミかも?

下記のようなシミの症状は、紫外線が原因のシミではなく肝斑(かんぱん)が原因のシミの可能性が高いです。

30代半ば~40代で急に左右対称のシミができた

頬の骨ラインにもやっと広がったシミ

日常的にストレスを感じている

自律神経が乱れやすい

生理周期が不順

美白サプリを飲んだりケアをしても効果が実感できない

結果的にシズカゲルは肝斑(かんぱん)に効果があるのか?

先に結果をいってしまうと、シズガケルの有効成分は下記の2つで肝斑(かんぱん)の改善というよりは、予防的なオールインワンといえます。

  1. 美白成分・・・アルブチン
  2. オリジナル成分・・・フラバンジェノール

シズカゲルは、厳選された通常のシミに効果的な美容成分を配合しながら、肌トラブルをオールマイティーにサポートしてくれます。

>シズカゲルの成分をくわしくみる

肝斑(かんぱん)を薄くするための有効成分は?

肝斑(かんぱん)の治療には、皮膚科でトラネキサム酸という内服薬を貰うことが一般的です。相乗効果がある組み合わせとして、ビタミンCも一緒に処方されることが多いです。

数ヵ月後、内服薬だけで効果がでなければ、ハイドロキノンなどのクリームでシミを外側からもケアしていきます。

ただ、ハイドロキノンは少々刺激が強い成分ですので、敏感肌の方は痒みや赤みがでる場合があります。

配合量が病院ほど多くなく、マイルドに肝斑(かんぱん)ケアができるオールインワンジェルをご紹介します。

肝斑(かんぱん)に効果的なオールインワンジェル

トラネキサム酸配合のオールインワン化粧品

肌ナチュール ホワイトエッセンス

初回1980円で気軽にはじめられます。

ニキビと肝斑のシミに有効なトラネキサム酸配合で、高濃度の炭酸美容液で使い心地が気持ちいいオールインワンです。

有効成分ハイドロキノン誘導体・美白成分を配合

薬用シミトリー(SimiTRY)

ハイドロキノン誘導体で肝斑へ毎日働きかけ、フランバジェノールで通常のシミも徹底ケアしていきます。美容成分99%と高濃度で薬用美白成分配合のオールインワン美容ジェルSimiTRY。

ホルモンバランスを崩しやすい出産後のママの愛用者が多いオールインワン

マルガレッタ W美白オールインワンゲル

マルガレッタは、産後や更年期のホルモンバランスが崩れがちな女性の肌をしっかりサポート!通常のシミと肝斑ケアがWでできます。トラネキサム酸・プラセンタ配合です。

肝斑を薄くするには内側からもケアが大切

オールインワンジェルで毎日スキンケアをすると同時に、内側からもビタミンCサプリやトラネキサム酸を摂ることで、より早く肝斑を徐々に薄くすることが可能です。

よくエステでフォトフェイシャル(一回の費用28,000円前後)などもありますが、価格がとにかく高く1回や2回で肝斑やシミが消えることなんてほぼありません。

それよりも、毎日のシミ対策を行い、次のシミや肝斑をつくらない肌質にしながら今あるシミを薄くしていく方が大切だと感じています。

また、肝斑は紫外線にあたると悪化して濃くなってしまいますので、シミの種類が肝斑だとわかっても紫外線ケアはしっかり行ってくださいね。

 

お悩み別オールインワンジェル化粧品

・どれを選べばいいの?お勧め比較ランキング