読む美肌コラム

敏感肌にも種類がある?「ヒリヒリしない」タイプ別の成分の選び方は?


自分の髪の毛さえも気になる・・・敏感肌の方にとって、化粧品選びは慎重になりますよね。

オールインワン化粧品の中にも、無印やちふれなど市販のものから、保湿重視・ニキビ・美白ケアに特化した商品まで様々です。

最近では、敏感肌用の化粧品が増えてきましたが、人によって効果がこんなにも違うのはなぜか?それは、敏感肌の方にも種類があるからなんです。

ここでは、超敏感肌さんからタイプ別に、化粧品の成分選びとスキンケアについてご紹介していきます。

タイプ別の敏感肌さんの化粧品選び方

乾燥肌とは、皮脂量が少ない肌のことの総称ですが、乾燥肌にも種類があり、対処法もタイプごとに違ってきます。

保湿しても肌がすぐカサカサ!「乾燥性敏感肌」タイプ

「乾燥性敏感肌」とは、乾燥を繰り替えすことで肌自体の保水力が低下している肌のことです。炎症が起こったり、化粧品の少しの刺激でも炎症が起こったりします。

この炎症が繰り返し起こると、表面の皮膚だけでなく真皮のコラーゲンまで破壊され、ハリがなくなり、シワやシミの原因になり、一気に老けた印象に・・・。若いハリのある肌を保つためにも、肌本来の水分を蓄える機能を高める必要があります。

肌の水分量をキープして、外部刺激から肌を守るためには、角質細胞間脂質のひとつである「セラミド」で水分を挟み込んで水分量を低下させないことが大切です。

セラミドが不足すると、肌の表面がもろくなって、少しの刺激で肌荒れや炎症を起こしやすくなります。また、敏感肌さんには、人間の肌い近い性質をもった「ヒト型セラミド」が水分保持に効果的です。

乾燥性敏感肌さんのスキンケアのポイント!

乾燥性敏感肌の方は、オイル洗顔やクレンジングを使うと必要な潤いまで飛んでしまうこともあります。低刺激の石鹸でお肌を優しく洗って、洗顔後は時間を空けずにセラミドや植物由来成分の化粧品でしっかりと保湿重視のスキンケアをしましょう。

セラミド・天然成分たっぷりのオールインワン化粧品

 

肌の内側は乾燥しているのにテカテカ!「脂性敏感肌」タイプ

敏感肌は皮脂量が少ないのが肌のことだけど、「脂性敏感肌」さんは、皮脂分泌はあるのに肌内部は敏感肌になっている状態です。「インナードライ」肌の方に多く、肌の内部との水分バランスを保とうと皮脂がたくさん出てしまうタイプです。

皮脂が過剰に分泌されることにより、肌の上で酸化してしまいシミや吹き出物の原因となったり、表面だけテカテカしてメイク崩れが日常的に起こり困りますよね。

また、脂性敏感肌の方は、ニキビと炎症が起こりやすい混合肌にも当てはまります。

脂性敏感肌さんのスキンケアのポイント!

脂性敏感肌の方は、皮脂が過剰にでるため洗顔も何回もしてしまいがちになります。ですが、洗いすぎは余計に皮脂分泌が増える原因にもなります。洗顔後は過剰な皮脂の分泌を抑えるためにも、セラミド配合でさっぱりタイプの化粧品を選びましょう。
また、毛穴の詰まりを抑えるため、油分のバランスを整える化粧品もお勧めです。

水分と油分バランスを整えるオールインワン化粧品

 

ホルモンバランスが崩れて敏感肌タイプ

女性であれば、毎月の生理前には必ず肌荒れを繰り返す方も多いですよね。皮脂量が変化して敏感肌になって肌が揺らいで安定しなかったり、いつもの化粧品が肌に合わない時さえあります。こんな時、成分配合量が高めの美白美容液などを使っては、ヒリヒリすることもあります。

肌のコンディションが悪いときこそ、シンプルケアで肌が荒れて吹き出物が起こるのを防いであげましょう。

ホルモンバランスの乱れで敏感肌さんのスキンケアのポイント!

ホルモンの乱れた肌の方は、いつもより超敏感肌の状態です。こんな時に、レチノールやビタミンCの高配合の化粧水や美容液を使っては炎症のもととなってしまいます。

保水力が高いシンプルケアの化粧品を選ぶようにしましょう。

保水力が高いシンプルケアのオールインワン化粧品

 

スキンケア頑張ってるのに乾燥する「ストレス性乾燥肌」タイプ

毎日、お肌が乾燥しないようにスキンケアをしているのに、なぜか乾燥してしまうのがこのストレス性乾燥肌タイプ。現代人に多いこのタイプは、日々の環境や精神的ストレスによる血行不良や免疫低下が原因となり、肌炎症が起き刺激を感じやすくなるのです。

環境的ストレスは、例えばエアコンの乾いた空間に長時間いることで、皮膚の水分量が低下するため、特に夏場や冬場に乾燥し肌炎症が起こりやすいです。

精神的ストレスでは、仕事や育児・人間関係と様々ですが、1日の終わりに冷えきった肌を温めながらご褒美スキンケアをおこないましょう。

ストレス性敏感肌さんのスキンケアのポイント!

ストレス性敏感肌の方は、血行不良になり冷えて肌の表面は固くなってしまいます。固くなったままでは、せっかくの保湿成分も肌に浸透していきません。
手の平でしっかりと温めてから、肌に成分を届けてあげてください。たっぷり保湿することで、バリア機能を高めていきましょう。

また、ストレスの原因となる自律神経の乱れは、体が冷えると悪化してしまいます。
お風呂にゆっくり入ったり眠る前は、温かいハーブティーなどを飲んで眠るとリラックスできて体も温まるのでお勧めです。

ストレス性敏感肌を外部刺激から守るオールインワン化粧品

 

敏感肌には低刺激の成分を選びましょう


敏感肌の基本となるのは、保水力を高めて皮膚のバリア強化が大切です。

エイジングケアやシミを早くなおしたい!そう思っている方も、まずは保水力重視で肌自体の体力をしっかりつけてあげましょう。

敏感肌の方に避けておきたい成分として、

香料・着色料・アルコール(ヒリヒリします)・界面活性剤など

これらが入ってないフリーの、セラミド配合のオールインワン化粧品を選ぶとベストです。

また、天然成分といっても超敏感肌の状態では、刺激になる成分の可能性もあります。

お顔でスキンケアを始める前には必ず、腕の内側などでパッチテストを行って肌に合うかを確かめてくださいね。

 

あなたにベスト「オールインワンジェル」がみつかりますように!

 

お悩み別オールインワンジェル化粧品

・どれを選べばいいの?お勧め比較ランキング