ラシュレ

男性の脂性肌にも効果的?ラシュレ(RaSuRe)で毛穴トラブルを減らせる?

ラシュレ(Rasure)は、脂性肌の人のために研究されたオールインワンゲル。洗顔をしても、顔がすぐ油っぽくなる方は気になる商品ですよね。

ですが、@コスメなど口コミサイトにも使ってみたという体験談がなくて本当に効果あるの?と不安になる方もいらっしゃる思います。

ここでは、ラシュレが油肌で毛穴も開いて困ってるけど本当に効果はあるのか?男性の油分も抑えてくれるのか?

ラシュレがオイリー肌に効果的と評判の理由をご紹介します。

>ベタベタ肌とお鼻⇒ラシュレでイケテル肌へ

毎日あぶらどり紙を使っても肌がテカって困る

ラシュレは、満足度が95%でSNSでも人気のオイリー肌ケア用のオールインワンジェルです。

ところで、読んでくれてらっしゃる方はオイリー肌の方がほとんだと思います。

あなたは、顔がテカるから油分をとるために「あぶらとり紙」を1日何度も使っていませんか?女性の方だったら、お昼のメイク前に使われる方も多いですよね。

男性の方は、テカったときにあぶらとり紙で何度も油分を抑えていませんか?というものも、職場に営業の方で毎日気づいた時に油とり紙で皮脂をとるんだけど「すぐテカるって恥ずかしい」という方がいらっしゃったんです。

でも実は、これって逆効果なんです。

高級なあぶらとり紙ほど、皮脂がよくとれてスッキリするような気になるんですが、余計にテカる原因になっているケースもあります。皮脂には、顔のバリア機能もあり、テカってしまうからと1日何度もあぶらとり紙を使うことで、「肌が乾燥している・皮脂が足りない」と脳が勘違いしていしまい、再度皮脂を出そうとします。

毎日、過剰な皮脂が分泌されれば、肌バランスも崩れて、ニキビは肌荒れ・毛穴が大きく広がった状態になってしまいます。

⇒根本的になおすには、油分+水分=肌バランスを整えることが大切です。

40歳以降は肌の水分量が一気に低下する!?

20代・30代半ばまでは、肌がカサカサなることがなかったいう男性でも40代になるとシミができたり肌が荒れやすくなる人が多いですよね。

これは、お肌の水分保持機能が低下しターンオーバーが遅くなることも原因です。洗顔後すぐに化粧水だけつけているっていう男性でも、乳液やクリームをつけなければ乾燥はすぐに始まってしまいます。

しかし、化粧水つけて乳液つけてクリームだなんて面倒ですし、娘さんや奥さんにみられたら嫌だとか思いますよね。

そこで、ラシュレのオールインワンゲルがそんな願いをパっと叶えてくれます。

>ラシュレ(Rasure)を詳しくみる

 

ラシュレのスキンケアで肌質は変化する

ラシュレ(Rasure)は、ナノカプセル化技術で、肌の角質層のすみからすみまで保湿し美容成分を浸透させます。

ナノカプセル化の構造とは?

一般の化粧品は、スキンケア後しばらくは潤いは続きますが、数時間後にはテカったり乾燥が気になったりしますよね。

ラシュレのナノカプセル技術は、長時間にわたって少しずつ美容成分が溶け出すので朝と夜の簡単ケアで1日中潤いが持続します。

潤いが続けば、過剰な皮脂は出なくなるため、ニキビやテカリ・カサカサ肌も改善されていくんです。潤い成分は、私たちの肌にも存在する基本のセラミドをはじめ保水力を高めるプラセンタや3種類のヒアルロン酸で外部刺激からも肌を優しく守ってくれます。

潤った後は開いた毛穴が小さくなる

長時間潤いを持続させるラシュレのナノカプセル方法を続けていくと、テカテカだった肌質が変化することに気づきます。

これは、オールインワンジェルの中の配合されているビタミンCやコラーゲン・サイプレス等の毛穴引き締め成分で大きく広がった毛穴をキュっと小さく引き締めてくれるからです。

テカるオイリー肌にラシュレを効果的に使用するために

オイリー肌の方は、スッキリした洗い心地をもとめるために、温かいお湯や冷たいお水で洗顔されていると思います。

ですが、熱いお湯だと肌が乾燥しやすくなり、逆に冷たいお水は皮脂汚れがきちんと落とせないんです。洗顔は、手を清潔にしたあと、洗顔料をつかってしっかりあわ立ててから優しく洗い「ぬるめのお湯」ですすぐようにしましょう。

そして、洗顔後はなるべく早めにラシュレで肌に潤いを与えましょう。

毎日の簡単なスキンケアで、近い将来の肌質がかわりキメの細かいスッキリした肌質に変化していきます。乾燥や過剰な皮脂が蓄積されれば、シミやシワの原因にもなりますので早めのスキンケアって大切ですね。

>ラシュレでテカテカ肌を改善!お試しはコチラ

 

お悩み別オールインワンジェル化粧品

・どれを選べばいいの?お勧め比較ランキング