読む美肌コラム

老け顔はスキンケアと筋肉の凝りを解消するのが若返るコツ?


突然ですが、あなたのお顔は実年齢よりも老けてみられますか?

老け顔とは、実際の年齢よりも「プラス○才」にみられるということです。落ち着いてみえるなどメリットもないことはないんですが、できれば若々しい印象を与えたいですよね。

ここでは、老け顔の特徴と老け顔になる原因、改善方法までご紹介します。

老け顔に見える人の特徴は?


ちょっとしたシワ、たるみがある顔の場所にも年齢肌に見える箇所があります。

ほうれい線・目元のシワが目立つ

20代前半からほうれい線ってよくみるとあるんですよね。しかし、最近では20代前半の若い方からほうれい線が目立つ人が増えてきています。

これは、スマホを四六時中もっている姿勢がかなり影響しているようです。20代前半でもほうれい線が目立つということは・・・、30代・40代ともなると笑わず普通の表情でもクッキリと刻まれますので、スマホを手放せない方は気をつけるようにしてみましょう。

 

また、目元のシワは乾燥や表情の癖が原因ともいわれていますが、目尻のシワよりも「ゴルゴ線」ともいわれる目元のシワが顔全体を老けてみせています。

段々と年齢を重ねるにつれて深くなる「シワ」には、紫外線など外的ダメージや加齢からくるコラーゲンの生成の低下し皮膚が固くなることも理由の1つです。

 

肌と毛穴が全体的にたるんでいる

シワと同じく顔全体が疲れた表情にみえる「たるみ」は、年齢で重力に負けてしまった感じがして困りものですよね。

 

顔のたるみの原因は、シワと同様にコラーゲン数の減少や加齢による筋力の低下などもあげられます。毛穴も広がってメイクをしてもキメが粗く疲れた表情にみえるたるみ肌は、老け顔の印象が最も大きいといえます。

 

目元・頬に増えていくシミ

若い頃であればシミの元であるメラニン色素はターンオーバーとともにはがれていたものの、代謝が悪い年齢肌のままだと肌にのこってしまいます。

 

さらに、そこから紫外線やホルモンバランスが崩れてしまうと濃くなり肌内部のシミも表にでてきて、無かったはずのシミがポツポツとできてしまいます。

シミは出来てしまうと薄くするのにも時間がかかるため、予防・美白対策をしながらターンオーバーを促進させることが大切です。

 

髪型がペタンコ・パサパサではNG?

せっかくお顔を若々しくたもっても、髪が白髪だらけ・パサパサで切れていたりすると全体的に老けてみられます。

出産後、30代・40代・50代になり、髪の質が変わった?細くなってふわっとしなくなったという方は、思いきってボブや長めのショートにすることで印象も随分かわってきます。髪の毛のお手入れも楽になり、慣れてしまえば短い髪も良いものですよ。

 

お顔を全体的に若々しく!老け顔を改善しよう


次に、老け顔を改善する方法をくわしくみていきましょう。

「紫外線」ケアは1年中しておこう

紫外線を浴びすぎると、肌ダメージに繋がりシワやシミ・たるみ肌のもとになりますが、肌が老化する7割はこの紫外線の影響ともいわれています。

 

現在では一昔前よりも紫外線量が圧倒的に増加しています。今まで夏だけUVケアしていた方は、ぜひ1年中を通して日焼け止めやサプリで紫外線ダメージから肌を守りましょう。

日焼け止めには、SPFといって紫外線を防ぐ効果を表す数値が表示されているため、

  • 紫外線量が多い春と夏場・・・SPF50のUVアイテム
  • 秋~冬・・・20~30くらいのアイテム
  • メイク下地に日焼け止め効果が含まれるもの

このように、季節や紫外線量によりわけて使うのもおすすめです。

また、乾燥してしまっては紫外線などの外部ダメージをうけやすい肌になるため、肌の内部から潤う保湿が大切になってきます。

紫外線対策・シミ美白効果の高いオールインワンジェル

 

乾燥に強くなる!肌の内部から潤いを蓄えるプルプル肌質を作ろう

アトピーや、シワ・たるみ・ニキビなど様々な肌トラブルの原因は、肌の潤い不足が原因になります。加齢とともに深刻化する老け顔も、パンとした昔のようなハリのある肌でなくなることで凹凸や影が目立ち横からみると、ふくよかな人でさえこけた印象になりますよね。

 

これには、加齢やホルモンバランスによる潤い不足が原因です。セラミド中心の保湿を心がけ、コラーゲンやヒアルロン酸で肌内部から肌質を柔らかく水分を蓄えていきましょう。

毎日たっぷりの保湿スキンケアをすることで、たるみ毛穴もふっくらし、キメの整った肌ダメージをうけにくい強い肌へと変化していきます。

⇒エイジングケア「しわ・たるみ・法令線」対策で選ぶオールインワンジェル

 

表情筋を鍛えて肌の土台をつくろう

いくら綺麗な女優さんでも、顔の横ってなんかこけて(頬がこける?)みえることありませんか?もともとや痩せた人であれば顔の骨格かもしれませんが、歳を重ねてからだと、顔の筋肉が衰えたり凝って固まっているのかもしれません。

 

ほっぺたを膨らましたり、毎日のエクササイズでも筋肉は鍛えられます。ちょっとびっくりするかもしれませんが、私がしている簡単な顔の筋肉のマッサージ方法をご紹介します。

  1. 口の中に親指をいれます
  2. 親指と人差し指で頬を挟みます
  3. この状態で、筋肉の固い部分やつっぱり部分をほぐしていきます

これだけなんですが、内側と外側から挟むことで皮膚が柔らかくなったり凝りやつっぱりが薄くなった感覚がわかりやすいです。口の上から下までほぐしていくとほうれい線など顔全体に効果があるのでおすすめです。

 

美肌にみせたい皮膚は筋肉の上についていることからも、筋肉を柔らかい状態で顔全体的が疲れた印象にみせないのにも大切なケアです。

まぶたの上、頬骨の下にはクリームやマッサージも行えるオールインワンジェル等で固い筋肉部分をコリコリと流して毎日のスキンケアと同時にほぐしていくと顔の表情もかわってきます。自分でマッサージは難しいという方には、表情筋まで鍛える「美顔器」も最近では人気です。

赤ちゃんのように、顔をどの角度からみてもふっくらした肌になりたいですよね。

 

老け顔の改善まとめ


老け顔「シミ・シワ・たるみ」などには、今まで積み重ねた肌のダメージぶん毎日の若返りスキンケア対策が大切だということがわかりました。

  • UVケア対策
  • 保湿ケア対策
  • 疲れ顔のケア対策

この3つに重点をおいてみるスキンケアだけでも、数ヵ月後・数年後の肌が今より若くみえることにつながってきます。毎日お疲れの顔を鏡でみてガッカリする毎日より、メイクするのが楽しくなる未来へとかえていきましょう!

 

お悩み別オールインワンジェル化粧品

・どれを選べばいいの?お勧め比較ランキング